全国送料無料でお届けいたします。


三大栄養素の消化・吸収について

人間が食べて燃料としてカロリーを発するのは、三大栄養素と呼ばれる
炭水化物(糖質・でんぷん質)・脂肪・タンパク質だけ
に限られています。

炭水化物と脂肪は、共に炭素・水素・酸素の三原子から成り、
タンパク質にだけ、三原子に加えて窒素が参加しています。

炭水化物と脂肪の分解は、分子量が少ないので、
分解・吸収も比較的単純に出来ます。

ただし燃料として先ず燃えるのは炭水化物の方で、脂肪は言わば
予備燃料
の位置づけになります。
いったん身体に付いた脂肪が、なかなか取れないのも、この為と言って良いでしょう。人間の本来の主食が穀物であるのと関係があります。

炭水化物は1グラムが燃えると4キロカロリーを発し、脂肪は1グラムで9キロカロリーにもなる熱を発生させるのも、如何にも予備燃料に相応しいことと言えましょう。

タンパク質になると、消化・吸収も窒素を含んだ分だけ、分子量も高くなり、そのままでは人体の消化器官は消化・吸収が出来ません。
だから胃の中で、ペプシンという分解酵素で、アミノ酸という
小さな分子量の物質に変える
必要が出てきます。

分解されてアミノ酸に形を変えてから、初めて消化・吸収が出来るのですが、タンパク質を摂る主目的が、身体の中の60兆個の細胞が毎日壊れていくのを、補給・充足することにあり、燃料に廻るとしても、余程のカロリー源不足の場合に限られます。
言い換えれば栄養失調の人以外は、タンパク質を燃料には使いません。

「からだの科学」と題する、このシリーズでは、タンパク質が最も複雑で説明が難しいテーマになっています。

人体は毎日体重の千分の一を失っていると、説明すれば御納得されるでしょうか。
ヒフ細胞は垢や抜け毛となり、胃腸の粘膜細胞は、排便時にこすり取られるなど、60キロの体重の方は、60グラムの細胞を失っているのだとご記憶を願います。


次回は酵素と補酵素の説明に入ります。
触媒と酵素の違い、工場での化学変化と体内での化学変化の違い。
それをお話ししましょう。


                            創業社長 パパゲーノ

前回の話
『酵素って化学品?』
『発酵液に酵素はあるのか?』


酵素って「化学品」?

無理もありません。栄養素すなわち食品の話の中でいきなり
「化学品」って言葉が飛び出したんですから。

実は、人体はそれ自身が巨大な化学コンビナートみたいなもので
さまざまな化学反応を起こしながら、体熱を保ちエネルギーを起こして
動いています。


食べる物も全部化学記号で表すことが出来ます。
例として生きる上で不可欠な三つの物を列挙しましょう。
水、塩、酸素です。それぞれH2O,NaCl,O2 となります。
すなわち全部化学品です。

人体は食べ物を消化・吸収・代謝の過程で熱・エネルギーを産出する。
その熱量のはかり方として、カロリーという単位を用いています。
人体は炭水化物、脂肪、タンパク質の三大栄養素を摂り、カロリーを生む。
他の食物繊維やビタミン、ミネラルのカロリーはゼロです。

炭水化物(糖質・でんぷん質ともいう)と脂肪は、炭素・水素・酸素の
三つの原子で構成されている。

ところがタンパク質は、上記の三原子に加えて窒素も含んでいるから、
その分複雑な化学構造になって、分解や組み立てにより多くの酵素が
必要になるのです。



今日のところは、ここまでとし、続きは改めて書きましょう。

                            創業社長 パパゲーノ

前回の話
『発酵液に酵素はあるのか?』


発酵液に酵素はあるのか?

近ごろ分からないことがある。ボクのアタマが悪いからなのか、どうにも
理解できないことにぶつかって困っている。

テレビのCMに、画面いっぱいに数多の果物や野菜の写真を集めた
画像が広がる。瀬戸内海に浮かぶ小島にある会社で、それらの果物や野菜を発酵させて熟成し発酵液が得られるらしい。

ここまでは分かる。乳酸菌などが働いて発酵が始まり、得られた液体を
寝かせておけば発酵液が出来るだろう。乳酸菌などの発酵菌は
微生物で生きている。
問題はCMを流している会社の製品名に「○○酵素」とあるからだ。

酵素は微生物じゃなく化学品で、A液とB液を化合させてCという物質を
作る時に、AとBとの化合を促すDという別の化学品が必要となり、
それを触媒と呼んでいる。

人体も糖質・脂質・タンパク質の三大栄養素を、Dに相当する”酵素”
働きを借りてさまざまな分解・組み立てを行い、体内での化学作用を
進めやすくしている。
化学工場で呼ぶ触媒を、人体の中では酵素という別名で呼ぶわけである。
だから酵素は化学品の一種であり、微生物ではない。

酵素は一定の温度と水を与えられて化学反応を始めるし、補酵素と呼ぶ
ビタミンやミネラルのチカラも借りる必要がある。
だから人体は三大栄養素の他に、カロリーが無いビタミンやミネラルを
必要とする
のである。

微生物つまりは生き物が発酵を進める発酵食品と、酵素は「酵」の字が
同じだけで、全く異なったモノだ。
日本には古来多くの発酵食品が存在し、
世界でも有数の発酵技術が発達している。

だけど、どう考えても発酵で得られる食品が触媒の機能を持つとは思えない。
○○酵素は本当に酵素すなわち触媒作用を持っているのだろうか。
それが理解できなくて困っている。


                            創業社長 パパゲーノ 


人間の主食は穀物である

小麦・米・トウモロコシの三種をメインに、人類の殆どの民族が穀物を
主食にしています。
穀物から得られる栄養は、特に精製して摂取する場合、糖質です。
糖質こそが、人間の主たるエネルギー源になるからです。

穀物の主成分、糖質は胃腸・肝臓などの臓器で、分解・消化・吸収され、
更にブドウ糖とグリコーゲンに姿を変え、エネルギー源として必要な
カロリーを生む。

概算だが、人体内にあるブドウ糖は約17グラム。
グリコーゲンは肝臓に105グラム、筋肉に245グラム有って生み出す
カロリーの総量は1500カロリーとなります。

ブドウ糖は17グラムと少ないが、脳と神経細胞及び赤血球に不可欠の
エネルギー源となる。血液中に存在し、通常血糖値と呼ばれます。
糖質の摂取を禁じるダイエットは、ブドウ糖とグリコーゲンの重要な
役割を無視した危険なものと言えます。


                         創業社長 パパゲーノ 


血管に求められる”しなやかさ”

 「血管」は全身を走る”道路”

都会の道路を参考にしましょう。
生産基地から消費量の多い大都会には立派な高速道路が走っています。
これと同様に人体でも、心臓から出る大動脈は太く、それが分岐して
細くなり、さらに町の中に入ってより細い細動脈に、更に路地を通るのが
毛細血管という訳。


宅配便などもこうしたルートで、最後はリヤカーみたいな車で荷物を
各家庭まで運んで来てくれる。
最後の路地が狭すぎたり障害物が邪魔になると、宅配便の運転手さんは
余分な労力を強いられます。場合によっては、邪魔をしている自転車を
片づけたりして宅配の荷物を届けてくれています。

赤血球は大きな荷物で、狭い路地を通りぬけるにはそれなりの苦労が
要ります。

これを具体的な数字で示せば、毛細血管の直径は5ミクロンから
10ミクロン。もっとも狭い場所では3ミクロンしかありません。


そこに7ミクロンはある赤血球を通すには、赤血球自身もサイズを
変えて何とか通り抜ける努力が要ります。

通れても一個がやっとといった状況ですから、それがベタベタくっつき
合っていたんじゃ、まず通るのが無理ってことに。

毛細血管の方も、ただそこに横たわっているだけじゃ、荷物を運ぶ人も通れない。ここで弾力性柔軟性が毛細血管に求められることになる。

狭い路地の方も、懸命に身体をくねらせて大きな荷物が通れるように
協力するって訳なんです。サラサラ血液だけじゃなく、そこに柔軟な
しなやかさが必要になる。

 しなやかな血管をつくるビタミン群

こんな時のために役立つビタミンがある。
それがビタミンEの働きで、狭い血管を広げる機能を持っています。
更に言うならビタミンEの機能を最大60倍にも高める凄いビタミンもある。
それがビタミンB群に属するイノシトールの神秘なチカラだとご記憶下さい。

ビタミンEやイノシトールの働きには、まだまだたくさんの機能があり、
ここでは紙面が足りないからまた改めて書きましょう。

                         創業社長 パパゲーノ 


赤血球はドロドロ血液の原因?

 酸素や栄養素を運ぶのは「赤血球」

体内のすみずみまで毛細血管を通って酸素を運ぶ重要な役割を
赤血球が担っています。
赤血球はそれ自体が大きな細胞ですが、肉料理をたくさん食べた後、
特に脂身を多量に摂った場合には、赤血球がベタベタくっつきあって
狭い毛細血管を通るのが困難になります。


肉の脂身はカロリーが高いだけで、人体には役立たずの「空のカロリー」
であるだけでなく、血液をドロドロにして酸素も他の栄養素も運べなく
する
全く無駄な食事と言えるでしょう。
霜降りの牛肉を有難がるのは日本人だけで、筋肉の中に無理に
脂身を入れ込む飼育方は他の国では行なわれておりません。

その点で同じ動物性脂肪でも魚の脂は、常温で油状であることで
分かる通り不飽和の脂肪酸で、血液の粘度を下げて血流のサラサラを
促す人体に優しい油脂です。


                         創業社長 パパゲーノ 


春の小川はサラサラ行くよ

血液検査で中性脂肪とコレステロールの値を確認したら、次に
ヘマトクリットを調べましょう。

血液がサラサラしているか、それともドロドロになっているかは、
健康に大きな差異を生み、自分の血液がどちらであるかを知るのは
大切なことです。

ヘマトクリットは総血液液量を分母に血中の固形分を分子にして計算
します。
血中の固形分とは、赤血球や白血球をはじめ脂肪分などが
いかほど入っているかの数値で、春の小川のようにサラサラ流れて
いたら何の問題もありませんが、ドロドロ状になっていたら当然流れが
悪くなり、心臓に余分な負担を与えることになります。


血圧が高めに出たり、血管が狭められたりで、この数値だけでかなりの
ことが分かるし、脂肪分が多ければそれは肥満しているからであり、
肝臓が苦しがっていると予測ができるのです。

健常者の場合、45%ぐらいの値があっても良く、ボクのように幼少期
から腎臓が痛んでいて、人工透析を受ける身体だと、40%は高すぎる
と医師に注意を受けます。

言うまでもなく、肥満は万病の元とも言えて、特に「沈黙の臓器」肝臓は
悲鳴を上げずとも、アルコール摂取が多くてかつ油ものをよく食べる
タイプに属する人は、定期的に主治医による血液検査を受けることで
肝臓病を未然に防ぐことが出来るとご承知ください。


血液のサラサラ、ドロドロは、ヘマトクリットの数値以外にも赤血球の
大きさなども関係しますが、固形分の占める割合が手軽な目安になると
覚えておいて損はしません。

                         創業社長 パパゲーノ 


働く人たちへ、脚がむくみませんか?

就職率がどうのという話題が多い中、気がつけば世の中にサービス産業
という新語が堂々と新卒採用の大手企業を意味することになってきた。

新卒が行きたがる自動車・電器は、理系はともかく文系は多くは取らない。
金融はというと、最近は高利貸しまで金融業でございの時代に突入。
銀行と名前が付いても、圧倒的に外回りの営業ばかりだ。

与えられた仕事が事務職だったとしても、パソコンとのニラメッコで眼が傷む。ストレスはたまる一方で、夜寝る前に脚を眺めてみたらまず「むくみ」が出ています。
多くは寝ている間に脳の働きで静脈が動いて「むくみ」の正体=水
心臓に戻し更に腎臓に送って濾過し、余分な水を尿にしてしまう。
夜間頻尿でない限りはそれで問題は解決。明日再び職場に向かうことが
できる。

心臓が健全に働いている間はそれで万事OKなんですが、血液が脂を
含んで重たくなったら、心臓だって悲鳴をあげる。


主治医を決めて血液の検査を月一ぐらいは受けましょう。
チェックするポイントは、最初は中性脂肪とコレステロールの数値だけ
でも良い。この数値が高いとなれば、まず肝臓が弱っています。

血液検査の初級編だけ書きました。中級については、またの機会に。

                         創業社長 パパゲーノ 


ヒトの身体はアミノ酸で出来ている

2012年でボクの透析生活は丸十五年に達する。幼少期から病弱児であったが、透析のために生まれて初めて身体にメスを入れた。この十五年の間に大きな手術を4回も受けた。手術は出血を伴うし、相当に体力を損ねる。

週に三回の透析を受けながら、45歳で起こした会社の経営と、その傍らモノカキを始めて、08年には世界年間最多のノベル作家としてギネスに認定も受けた。
そして今や、嫌な言葉だが、後期高齢者・78歳という、本人が信じられない年寄りになった。

こんな身体の体験を重ねた人間だからこそ、知りえた「身体の科学」がある筈だ。
特にタンパク質の構成素材、アミノ酸の何たるかを知れば、殆どの「身体の科学」が理解できてくる。何度もメスを入れたことで得た、知識の積み重ねを書いて見よう。同年齢に限らず参考に成ればと願う。


人体を構成する最も重要な栄養素はタンパク質。
筋肉・骨格・血液・体液・内臓・酵素・ホルモンのすべてがタンパク質
それを構成するのがアミノ酸である。

例えば「酵素」
人体を動かし、新陳代謝を行なう上で、必ず酵素が働く。その数は最低でも2500種に上る。しかも「酵素」は一回の使用で終わる。だから体内では、絶えず酵素を作り続けているのだ。

身体について相当に勉強した筈のナースが、意外に酵素について知らない。
一般人が「酵素液」の類に「美容」「ダイエット」の名前で飛びつく所以である。どんなに美名を並べても、美容液に酵素なんか殆ど存在しない。最低でも2500種類もの酵素が、得られる道理もない。

中高年以降の身体に起きる異常は、「酵素」を学ぶ事で殆ど解決する。
人が毎日摂取する三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の中で、タンパク質だけが分子が大きい。酸素・水素・炭素の他に窒素も含む栄養素はタンパク質だけだ。
高分子はそのままでは身体が吸収できない。だから、より小さいアミノ酸に分解してから吸収するのだ。

アミノ酸が幾つか集まって身体の細胞を作る。その細胞が何十万、何百万、何千万と集まって、臓器や筋肉などが出来る。
その製造の工程に関与する酵素も、またアミノ酸を集めて体内で作る。

出来た酵素は、そのままでは起動しない。必ず「補酵素」という作業員が操作して、そこで初めて起動するのだ。
「補酵素」として働くのが、主としてビタミン・ミネラル類である。ビタミンを取る目的は酵素を動かす為と言ってもよい。ミネラルの中でも、マグネシウムや亜鉛が、微量ながら必須なのも同様。


先日のNHK「ためしてガッテン」で取上げた、初期アルツハイマー症も脳の記憶装置「海馬」の部分に貯まる、インスリンが原因で起きた。人体に2500種以上もある、酵素の中にちゃんと「インスリン分解酵素」もあると、最後はメデタシメデタシで終わった。

高血糖に成らぬよう、日頃から食事に気を配っていたら、高血糖は防げる。炭水化物を摂りすぎるから、インスリンが大量発生する。その一部が「海馬」にも貯まると、アルツハイマー性痴呆の始まりだ。良質のタンパク質を摂っていたら、必須アミノ酸が充足し、インスリン分解酵素が脳を守ってくれると言うわけ。


酵素・ホルモン・コラーゲンは全部タンパク質

タンパク質は窒素を含む高分子。高分子だから人体の吸収能力を越えている。だから胃でアミノ酸に分解して、小腸で吸収する。酵素やコラーゲンを飲んだって、タンパク質だから同じ原理で、胃で分解されてしまう。分解されたアミノ酸を原料に、肝臓が作り直すのだ。だから酵素ドリンクは原理的に有り得ない。

役に立つのは消化酵素だけ。特にタンパク質の分解工程は複雑だから、多種の消化酵素が必要となる。補ってやれば、肝臓に余力が出来る。タンパク分解酵素は、多忙な肝臓を休めてやれる。

代謝酵素は2500種類、いやもっとあるとの学説も。
代謝酵素はたった一回だけ、一つの仕事しか出来ない。野球選手に例えたら、ピッチャーは一球しか投げない。いや捕手からの送球を受けたら、そこでオシマイ。内野手ならゴロを取るだけで終わり。別の選手が一塁に投げる。だから代謝酵素はたくさん要るのだ。その要る分をを肝臓が毎日せっせと作っている。
お酒を飲むと、肝臓はアルコール分解を優先する。つまみに食べる、から揚げなどの脂肪分解は後回し。だから肥りやすくなるわけ。

糖尿病患者にはインスリン注射がある。ドリンク剤は無い。ホルモンもタンパク質だから、胃で分解されてしまうからだ。


老化の目盛りアルブミン

透析患者となって十五年になるボクが、透析の後にぐったり感が出てきたのが、今年に入ってからだった。両脚に浮腫(むくみ)も出るようになった。脚の運びが鈍くなってきた。これは何所かに異常が出ている。

腎透析患者は、毎月二回の血液検査を受ける。心臓と肺のレントゲンと心電図の検査も毎月受ける。長期の人間ドックを受けているに等しい。
透析患者の多くが、血中のリン、カルシウム、カリウムなどの数値に異常が出る。
幸いに十五年にもなるボクには異常値がなかった。
検査結果が出るたびにナースに誉められて、良い気になっていた。

改めて検査表を見てみたら、いつの間にか血中のアルブミンが、大きく落ちて3.3になっていた。健常者なら3.8以上であるから相当に低い。
NHKの「ためしてガッテン」を調べたら、アルブミン値は栄養失調の目盛り」であると同時に「老化の目盛り」でもあるとあった。

「老化」 こんな嫌な言葉もない。


本気で調べることにした。血液の中に流れるタンパク質の種類は、百種類ほどもある。その中で最も多いのがアルブミンで、全体の6割となる。

ボクは血中の総タンパク質の量も低くなっていた。腰椎のヘルニアが悪化して、脊柱管狭窄症となり、その手術を受けたのが三年前のこと。麻酔の副作用で、身体中に機能障害が出た。主治医の先生がボクの身体を診て、「酵素が足りない。その酵素が何であるか分からない」と怖い宣託を述べられたのは、その時のことだった。

多機能障害は、脳にも及び言語障害も、味覚障害も、その他諸々の知覚障害が同時多発した。偶々市民病院の帰りに入った鮨屋でも食欲は無かったのだが、一個ぐらいと勧められ口にした「にぎり鮨」が、ボクに味覚と食欲を同時に思い出させ、それで多機能障害から回復したのだった。

あんな栄養失調の後でも、ボクのアルブミン値は4.1もあったのだ。
それがなんと、いつの間にか3.3に落ちていた。健常者の最低ラインが3.8であるから、これは相当にヒドイ。「老化」進行と言われてしまう。
食生活を変えることにした。腎臓患者はタンパク質の摂りすぎもいけない。タンパク質には窒素も含まれ、分子量が大きいから、アミノ酸に分解して吸収する。それだけ身体の、特に消化器系統に負担がかかる。

ベテランのナースに相談したら、アルブミンの数値を0.1上げるのに、一ヶ月は掛かるという。アルブミンだったら、ラクトアルブミン(牛乳タンパク)を主体とする
「ボノラート」がある!

それから毎日、ボノラートを1杯続けて飲んでいたら、なんとたった10日間で、
アルブミン数値3.5と0.2もアルブミンの数値の上昇を見たのだ。


アルブミンは水分や酵素なども含んで身体の各部に運ぶ役割を担っている。
3.5まで数値が上昇したことで、先ず脚の浮腫が消えた。透析の後とか、テニスの後に必ず出ていた浮腫が消えたから、その後テニスが楽になった。
これは間違いなくアルブミン効果である。

今の食療養を暫く続けてみる。おそらく今月末には3.8まで上るだろう。アルブミンが含む水分を、寝ている間に発汗するから、睡眠中に350グラムの体重減がある。透析患者にとって、これは有難い体質である。因みにボクの体重・体型は、ここ十数年来二十歳代のそれである。



▲トップページへ戻る