全国送料無料でお届けいたします。


     ≪トップページへ戻る              前のページへ≫

(国際美容学会CIDESCO名誉会長ニーナ・ハース女史の研究成果より)

お肌をうるおす皮脂腺や汗腺の働きが年齢とともに衰えてきます。カサつき小じわが増えてくるのはこのためです。イノシトールが皮脂腺や汗腺の働きを活発にすることを、ニーナ・ハース女史が皮膚科の臨床テストで明らかにしました。異常分泌を抑制する力もあり、油肌や敏感肌も正常化されます。
ハース女史は、この臨床研究で世界初の特許を得て
内面美容を確立しました。

人が老い病む原因は「活性酸素」による細胞組織の破壊活動だといわれます。
さらに「活性酸素」は、せっかく栄養十分な食事を摂ったとしても、細胞に届けられる前に破壊して
しまいます。
「活性酸素」から、細胞・栄養素を防衛するビタミン・
ミネラルの中で最も力強い味方がビタミンEですが、
イノシトールはこのビタミンEの力を最大60倍まで高めます。

脳の細胞は再生がききません。
壊れていく分だけ細胞の数が減り、必要数が維持できなくなることでボケてしまうわけです。

脳の栄養にはほかの組織以上の気を配る必要があります。
イノシトールレシチンの結合体、それにビタミンE脳の活性化に不可欠の栄養素です。
アルコールは肝臓の中で優先的に分解処理されます。この間、肝臓の他の仕事が後回しとなり、特に脂肪の処理が遅れます。



イノシトールはアルコール分解を高め、悪酔い・二日酔いを防ぎます。
一晩で実感が得られます。ぜひお試しください。

 ビューティキャップを生んだドイツでは、肌の外面からのスキンケアーに併行して、内面に栄養供給することで皮膚細胞に活性を与えるのが常識。
「美」すなわちそれは、栄養に満たされた
活力ある細胞から生まれる

  ビューティキャップについて詳しくはこちら≫  
 


   
  気温が下がってくると、血流が悪くなることが原因で、肩こりや手足の冷え、お肌の乾燥など体のあちこちでトラブルが起こってきます。
懸命に高価な保湿クリームを塗ってみたり、
 
  その場しのぎのマッサージや半身浴だけでは根本的な解決にはいたりません。   
     
   
 
“健康を保つのに「最も大切」なことは何でしょう?

 


 
人体は60兆とも70兆ともいわれるぼう大な数の細胞が集まってできています。すべての細胞は、酸素や栄養を必要として生きていて、これらを運んでくれるのが「血液」です。

血液は毛細血管を伝わって末端細胞にいたるまで、全ての細胞に酸素栄養を届けます。「小指の先からも血が出る」のは、末端の細胞にまで血液が行き届いていることの証です。

またその時一緒に、新陳代謝によって発生した老廃物を持ち去ってくれます。老廃物を放置すれば、当然、細胞の生活環境が悪くなり、細胞は生きていけなくなります。
つまり「血液のスムースな循環」これが答です。
 
     
       
  寒い冬こそ「身体の内側からのケア」が威力を発揮する季節です!
ビューティキャップは血液の循環を高めるビタミンEとその力を60倍に高めるイノシトールの働きによって、身体の末端(手足の先)に至るまで、血液の循環を高めてくれます

実際に行われた臨床テストでは、服用後わずか20分でビューティキャップ内の栄養素が末端(手足の先)まで達したことが測定されています。
 
 
つまり「血液の循環をスムーズに、末端細胞のすみずみまで」となり、健康&美容の維持につながるといえるでしょう。また、粘膜の保護、強化を担うビタミンAも含まれているので、冷たい外気から皆さんの身体を守ってくれます。

寒さに負けない身体作り、
ビューティキャップで始めてみませんか? 
 
 
 
 
 
 
  ビューティキャップは肝臓の働きを活発にしてくれるので、当然ダイエットの助けになります。
ダイエット終了後の体重維持にもおススメです。
 
       

ビューティキャップの詳しい情報はこちらでご覧いただけます。
商品ページ≫  体験談ページ≫


小麦胚芽(コメのぬかに相当)の中には、特にビタミンB群に属する特殊な栄養素が豊富に含まれています。

ここに取り上げるのはイノシトールという物質で、実にさまざまな機能を
秘めている、人間生活を多岐面で助けてくれる、有難い味方です。
先ずはその名前を覚えて下さい。

イノシトールは通常レシチンを構成する物質として存在します。
レシチンを特にビタミンEビタミンAと共に摂取するときに、
意外な威力を発揮することが、グランデル社の研究で明らかになり、
1974年に欧米各国の特許を得ました。



■寒さにさらされた人体は…
人体は食物をエネルギーにして、体温を37度程度に保っています。ヒフの表面まで送られてくる体温は、毛細血管が運んできます。
冬の寒さが厳しくなるほどに、人体は体温を守ろうとする機能が働いて、ヒフの表面から体温が奪われるのを避けようと、毛細血管に流れる血液量を制限します。血液中にあるお肌保護の物質も欠乏がちとなり、だから冬にお肌の荒れが目立つのです。そんな寒い冬にもビューティキャップは
ビタミンE 毛細血管に流れる血流を高めてくれます
ビタミンA 皮脂腺と汗腺の分泌を活発にしてお肌の乾燥を防ぎ、
ヒフ細胞の保護に役立つ、ビタミンAを表皮に送り続ける機能を保ちます。

ビタミンAには、ヒフ表面に出来る吹き出物の菌を殺す効力があり、
更に身体の防寒用に大量に消費されます。
氷の中で暮らすエスキモーは、防寒のためにアザラシなどの動物の肝臓を食べ、日本人などの一般の人間が摂取する量とは比較にならぬ大量のビタミンAを摂っています。


■ビューティキャップ臨床データの結果
グランデル博士の門下生のひとりで、国際美容学会シデスコの名誉会長であるニーナ・ハース女史は、世界賢人会議で有名なスイスのダボスの病院で、難解な吹き出物の治療のために入院していた患者90名を対象に6週
間の臨床データを発表しています。

それによれば、6週間の間、一日3カプセルを供与した結果、患者の三分の一が完治し、残る三分の二も症状がかなり軽くなったと報告しています。入院するほどの重度のヒフ病患者を対称にしたことにご留意ください。

イノシトール
ビタミンA及びビタミンEとの組み合わせ摂取が有効に働く分野は、多岐にわたります。それらの効力については改めて書き続けていきましょう。





 「ビューティキャップ」の体験談や詳しい情報はこちらでご覧いただけます。
商品ページ≫  体験談ページ≫
 





冬になると気になるのが「乾燥」。顔がピリピリ? 手足がカサカサ、
寒さと乾燥でお肌が悲鳴をあげる冬。
実は一番怖いのが「体の内側の乾燥」
冬の乾燥は、ハンドクリームや加湿器だけでは充分ではなかったようです。
暑い夏に起こるイメージがある「脱水症」ですが、実は発症のピークは年に2回、夏と冬にあるそうです。
夏は暑さで体温を下げるため汗を激しくかくのに対して、冬は「不感蒸泄」といって汗とは別に、ヒフや息からも気づかないうちに体内から水分が失われていきます。不感蒸泄の場合、夏とは違ってあまり喉の渇きを感じないため、体内の水分が不足してきても、気がつかないことが多いようです。
その上、冬の室内は暖房をつけることによって、屋外より10〜20%湿度が低下する傾向があるので、さらに私たちの体は乾燥しやすくなります。
また意識の面でも、猛暑の夏は熱中症や脱水症にならないために、こまめな水分補給を意識していますが、冬は冷たいモノの摂取を避ける方も多く、そのため飲み物を摂る量も控えめになりがちです。
 
 
 
インフルエンザなどウイルス性の風邪が流行しやすいのも気温が低く空気
が乾燥しているこの時期。風邪の80%〜90%がウイルスの感染と言われていますが、湿度が下がると咳やくしゃみによる空気中の飛散量が増します。
喉や鼻の粘膜も乾燥によって炎症を起こしやすく、外敵から防御する力が弱くなります。
また体内の水分が失われていくことによって血液はドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことも! 
 
 
脱水症対策として「こまめな水分補給!」とよく耳にしますが、「水分を身体に蓄えるためにはタンパク質が必要だ!」ということをご存知でしょうか? 
 
人体に最も重要とされるタンパク質の一つ「アルブミン」は、ボノラートの主成分である「牛乳タンパク」を摂ることによって肝臓で作られ血液中に送り出されます。アルブミンには、水分やカルシウムなど微量元素をスポンジのように保持して全身に運搬する働きがあます。 
つまりしっかりタンパク質を摂っておくと、血液中に水分をたっぷり蓄えることができ、「乾燥しにくい身体になる」と言えます。

 
※ボノラートの主成分である牛乳タンパクは
「アミノ酸スコア100」の超エリートタンパク質です
 
ボノラートの体験談や詳しい情報はこちらでご覧いただけます。
ボノラート商品ページ≫  ボノラート体験談ページ≫ 

以前のNHKあさイチ「スゴ技Q」のオープニング早々この言葉
「この冬たっぷり蓄えてしまったぜい肉、なんとかした〜い」
「耳が痛い!」「心に刺さる!」
と思ったのは私だけだったのでしょうか(苦笑)
これを聞いた司会の有働アナがボソッとこぼした一言、
「ダイエットはどうせ続かないし、めんどくさ〜い」
多くの方の本音なのだと思いました。

お正月太りを「なんとかする」方法として紹介されてたのが、
「細見せ」テクニック。
専門家の裏技で、いかに実際より細く見せることができるか!特集。
 ・ 写真で細見せ、
 ・ メークで細見せ、
 ・ 髪形で細見せ、
 ・ 洋服で細見せ…

でも、これでは根本的な解決にはならないですよね。照明や角度、ポーズで少しくびれて見えたとしても、止まらなくなった洋服のホックは止まらないままだし、あがらなくなったファスナーはあがらないまま(汗)  
 


某テレビ局のお正月に関するアンケートによると、
「お正月の間にどれだけ太りましたか?」
に対して、その答えの平均が「3kg増」だそうです。

脂肪1gが9kcalですから、
 ◎2800g(3kg) × 9kcal = 25200kcal
つまり「25200kcal」も余分に食べちゃうってことに!

年末年始の10日間を、飲んで食べて運動しないで、その結果が「3kg増」ってことです。
そして、新年早々バーゲンで知ってしまう事実、
9号だったスカートが11号に11号が13号に

食事の量を思いっきり減らして、さらに運動を頑張っても、
1日に「−600kcal」がせいいっぱい。
 ◎ 25,200kcal ÷ 600kcal = 42日 
元の体重に戻すのに、なんと「42日」もかかってしまいます。



42日間、食事制限とハードな運動を毎日となると、多くの方が途中で諦めて体重は増えたまんま、そのうちにまたお正月が来て、5年も経てば…
そんな人がみなさんの周りにいませんか?

新年の外食もお酒もそろそろ落ち着いてきた2月、とりあえず、この冬増やしてしまった脂肪だけでも、取り除くのなら今です!

ボノラートにとっては2.8キロ、ちょうど手ごろな重さです。
1日5杯のボノラートをまずは4日間頑張ってみませんか?
栄養もきっちり摂れて、美容のためにはむしろプラスです。
なにしろアミノ酸だけでも70000mgも含まれています。

「蓄えて日数の経っていない」 脂肪は燃えやすい!」

TVや雑誌でもダイエット特集が一斉に組まれるこの時期、年末年始に増やしてしまった余分な脂肪、今のうちにボノラートでこの冬たっぷり蓄えたぜい肉!解消しておきませんか?

 
※ボノラートの主成分である牛乳タンパクは
「アミノ酸スコア100」の超エリートタンパク質です
 
  ボノラートについて詳しくはこちら≫ 



ダイエットと深〜い関係のある「代謝」、
夏と冬ではどちらが活発になるかご存知ですか?
正解は「 つまり 「冬は痩せやすい季節」なのです!



 「冬に痩せやすい!」 メカニズム

汗をかかない冬は「太りやすい」「痩せにくい」と思われがちですが、実は「痩せやすい季節だったってご存知ですか?
そのメカニズムとは…
「寒い!」と感じた時、体(筋肉)は体温を36度台に保つために、ブルブル震えたり、歯をガタガタならしながら、体を温めるために代謝が活発になり、必死で「発熱」します。実際には、見た目に震えがおさまった後も筋肉はしばらくの間、見えないくらいの小さな収縮を繰り返し、熱を作りつづけます。
例えば1リットルの水を36度に保ち続けるとします。
外気温が30度を越す真夏とガタガタ震える真冬では、36度を保つためにどちらがたくさん燃料を消費しますか?当然「真冬」ですよね!


人体もこれと同じで、寒い冬は体温を一定に保つ為に代謝(発熱)が活発になり、消費するカロリー量も増えます。



 「冬太り」のメカニズム

とは言っても、Q:「一番太りやすい季節は?」という質問に対して、
最も多かった答えが「」。

「冬になると太る」のは、「ストーブが小さすぎて、部屋が充分温まらないから仕方なく厚着をして寒さをしのいでいる状況と同じです。
体がカロリーを消費して発熱するためには「筋肉(ストーブ)が必要です。
充分な量の筋肉(ストーブ)がない場合、充分な発熱ができず、結局、体温が下がらないように「保温」する為の「脂肪(厚着)」を新たに溜め込もうとします。これが「冬太り」する原因の一つです。



 簡単!冬太り解消術 (栄養 & 運動)

「冬太り」しないためには、日頃からバランスの取れた栄養、特に筋肉の材料となるたんぱく質をしっかり摂り、適度な運動をして筋肉を蓄えておくことが大切です。
&
栄養   運動
付いてそのままになっている余分な脂肪、ありませんか?
痩せやすい」冬だからこそ運動&ボノラートで冬太り対策を!

スタッフおすすめ!おうちでできる&続けられる!簡単エクササイズ♪
 
 
 ボノラートについて≫  ボノラートだけの特質「身体の科学」≫
 

     食べ攻め、飲み攻めの年末年始。
“太っても仕方がない”とあきらめていませんか?
   
クリスマス、忘年会に新年会、年末年始は食べ過ぎ、飲みすぎの嵐。
「太るのはしょうがない」とお正月太りを受け入れていませんか?
過去を振り返ってみてください。
「太らなかった」お正月があったでしょうか?
もし年が明けても体重が増えていなかったら…
心も体も軽やかに新年をスタートできると思いませんか?

「お正月太り」の平均は3キロと言われています。
つまり、必ず増える3キロが増えなければダイエットは成功です。
お正月が終わるまでは、「やせる」ためではなく「太らない」ためのボノラート。

 \\外食の日も出掛ける前にボノラート!//

1、満腹感が得られ、外で食べる量が減ります
2、外で余分に食べてしまった分も、その日に飲んだボノラートが燃やしてくれて、脂肪を貯めこむのを防いでくれます

         

   
■体重コントロールにボノラート

ボノラートは「低カロリーダイエット」「プチ断食」「置き換えダイエット」とイメージされがちですが、実はボノラートは身体に必要な栄養が、バランス良くたっぷり含まれている、「栄養素の塊」だということをご存じでしょうか?
その栄養が積極的に余分な脂肪に働きかけてくれます。筋肉の材料であるタンパク質もしっかり摂れるので筋力強化にもおすすめです。  
 

飲み方(一日3〜5杯)
・3杯+あっさりとした和定食
・4〜5杯+野菜、大豆製品など

★外食がある日
出掛けるまでに3杯、空腹感がある方はさらに1〜2杯お飲み下さい。 
 
  BONOLAT    
         
    
 




体にとって一番負担になる仕事が「食べ物の処理」。
外食が多くなり、食べる量が増えるこの時期は特に、「消化酵素」を身体が充分に作ることができません。
食べ過ぎた後の「ねむさ」「ダル重さ」はここから起こります。

年末年始の暴飲暴食で胃腸は当然疲れきっているはず!グラノザイムには3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)全ての消化の助けになる「酵素」が含まれています。 
疲れた胃腸をいたわってあげるために、この時期は特に積極的にグラノザイムで「酵素」を補給、胃腸をケアしてあげましょう。

食事の後、グラノザイムを1粒召し上がってください。いつもと違う目覚めを実感できます! 
  GRANOZYM  
       
     



ビューティキャップの威力が簡単に分かるは「お酒を飲んだ翌朝」です。お酒の「強い」「弱い」にかかわらず、どうしても「断りきれないお酒の席」がありますよね。
その翌朝きまって二日酔いで「頭がいたい」なんて方も多いはず。
BIUTICAPS
お酒の強さを決めるのは、肝臓の「アルコールの分解能力」が高いかどうか。生まれつきこの力が日本人はヨーロッパ人より弱いと言われています。
ビューティキャップのイノシトールは肝機能の強化に役立つビタミン。お酒の前に飲むことで、肝臓のアルコール分解を助けてくれます。
「お酒を飲む前のビューティキャップ」をお試し下さい。
翌朝の目覚めがきっとかわります!

もちろんビューティキャップは「お酒をたくさん飲むため」に作られたものではありませんが、イノシトールの肝機能強化のはたらきやその早さを確かめるのにこれ以上分かりやすいことはありません。
   

 




多くの女性が心に秘めている「やせたい願望!」 しかし、行き過ぎた「スリム願望」は美容面、健康面で深刻な問題を引き起こします。

ある団体の調査によると、日本人女性(20〜40代)の8人に1人が「やせすぎ」で、本来摂るべき栄養が充分摂取できていないことが判明!

番組で1,200人の女性にアンケートをとってみたところ、7割の方が標準体型で、そのうち81%の方は「やせたい」と考えているという結果に。
体型は標準なのに、「やせなきゃ(汗)」と思ってしまう。
そこに大きな落とし穴があります。

体格を判断する国際基準「体格指数BMI」はご存じでしょうか?
「BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)」
 25.0以上:「肥満」
 18.5〜25.0未満:「標準」
 18.5未満:「やせすぎ」

やせるためには食事制限と運動が必要になりますが、運動と言っても普段していないことは三日と続かない…その結果、低カロリーを意識した食事制限がスタート。

炭水化物はできるだけ摂らず、サラダやみそ汁、果物とヨーグルト、といった低カロリーではあるけれど、栄養面からみると非常に偏った食事内容になっています。

このような、栄養が不足した食事制限を続けると、代謝の低下→筋肉量の減少→活力減退→食欲不振…これが繰り返される「負のスパイラル」に陥ってしまうおそれが!

さらに、年齢が高くなると、栄養不足によって筋肉や骨が弱って転倒、骨折、寝たきりにつながったり、血管が弱り脳梗塞になるなどが考えられるといいます。また、抵抗力も弱くなり、肺炎になるリスクも高まることがわかっています。

栄養不足が原因で起こる「負のスパイラル」は“のちのち”まで影響が!


番組ではミス・ユニバース・ジャパンでの食事指導の経験を持つ細川モモさんが「健康で美しいカラダの作り方」を解説。

方法はとても簡単、魚や肉、豆腐、卵など、とにかく「たんぱく質」を毎食片手一盛り分とること!
実際に細川さんに指導を受けたモデルの岸田美穂さんは、食べる量は増えたのに、筋肉がつくことで、お腹がへっこみ、お尻や脚は引き締まった「グラマラスな体型」になったそうです。

カラダにとって不可欠な栄養(特にタンパク質)をたっぷり摂り続けることで筋肉量が増える→健康なカラダになる→魅力的な美しい外見になる!といった正のスパイラルが起きるということですね。



ボノラートの詳しい情報はこちらでご覧いただけます。
商品ページ≫  体験談ページ≫



人間ドックや会社の健診受診で、約3割の方が指摘されている肝機能異常「脂肪肝」

肝臓に貯蔵されている脂肪が、肝細胞の30%以上
になるフォアグラのような状態が脂肪肝です。
 
主な原因は飲酒や肥満と言われていますが、最近「お酒を飲まない人」にも「太っていない人」にも増えていることがわかってきました。   
 

「今度はいつ食べられるかわからない」状況にあった原始時代から、人間の肝臓には飢餓状態に備え、エネルギー源である脂肪を貯蔵庫として貯めこむ働きがあります。それは飽食になった現代もなお、時代にあわせてアップデートされることなく続いています。
 
 
   
  たくさん食べた後は、血中に大量のエネルギー源が放出されるため、肝臓は血中のエネルギー源を回収し脂肪として貯めこみます。
これが続くと「脂肪肝」になっていきます。
 
   
   
  お酒を飲むと肝臓はアルコールの処理に追われ、脂肪を分解する働きがおろそかになってしまいます。その結果、脂肪の合成が促進され「脂肪肝」になってしまいます。  
     
   
  キャベツなど「○○だけダイエット」で一つの食品だけを食べ続け、極端に食事を減らしてしまうと、一時的に体重は減るかもしれませんが、体は飢餓状態(栄養不足)だと感じ次に食事の栄養が入ってきた時、肝臓が急激に脂肪を蓄えようとしてしまいます。
また、飢餓状態になると細胞や筋肉をエネルギー源として放出してしまうため、筋肉が減少して、代謝が落ち、体が消費するエネルギー量が落ちます
 
     
 

  1:バランスの良い食事で体に必要な栄養をしっかり摂る
2:運動を心がけ、筋肉量と体が消費するエネルギー量を維持する

わかっていても出来ないこれらを心がけるだけで脂肪肝は防げます。
 
  既に「脂肪肝」が気になられている方はボノラートで減量がおすすめです。  
 
飲み始めはサイズや体重に大きな変化が現れず、「どうして?」と思われるかもしれませんが目に見える皮下脂肪よりもまず、内臓血中脂肪から優先的に燃焼している、とお考え下さい。

医師から「脂肪肝の恐れあり」と警告され、実際に、ボノラートで減脂肪に取り組まれたご愛用者様から、血液検査で肝機能の数値が改善された嬉しいご報告をいただいております。 
 
 
     
 
ビューティキャップに含まれている「イノシトール」は健康な肝臓の維持、肝機能強化をサポートしてくれます。脂肪肝の予防・改善にぴったり!
イノシトールを効率よく摂るにはビューティキャップがおすすめです。
 
     

ボノラートの体験談や詳しい情報はこちらでご覧いただけます。
ボノラート商品ページ≫  ボノラート体験談ページ≫


▲トップページへ戻る


   ≪次のページへ                前のページへ≫